So-net無料ブログ作成

ラフテー 豚の角煮 餅と一緒に [とびきりオイシイもの♪]

 

 

弟が相撲部屋の餅つきに呼ばれ、お土産にいただいた杵つき餅♪

力士のついた、杵つき餅は貴重ですからね。

おいしいお餅を普通に食べた後、さて、残ったお餅をどうおいしく食べるか?

 

餅なしには考えられない、我が家の一品。それはラフテー(豚の角煮)!! (もちろん、そのままお肉だけでもいいけれど、お餅を添えたらやみつきになった)

 

きっとお正月に、みんなお餅料理のアイディアが欲しいのでは?と思って先にご紹介♪

 

 

 

ちなみに器は、またまた自作です。(母のオーダー品)

 

信楽土にホワイトマットを全体にかけ、象嵌(ホワイトマット地を渦巻き状模様に彫り込んで、その跡に他の釉薬を埋め込む、今回は鈞窯と透明釉の二種類をかけました)技法したものです。鈞窯釉と透明釉が異なったコントラストの色合いを出して上品な感じです。料理は沖縄なのに、器は京都、といった感じです、へへへ。

 

材料は 豚肩ロースブロック(普通は三枚肉を使いますが、脂は苦手なのでこちら)400g~(今回は1kg弱かな?)

鰹出し汁 1と3/4cup (だし汁は煮詰めるので、4cupくらい作っておきます)

しょうが 2かけ、泡盛3/4cup(日本酒でも可、と言われていますが、絶対泡盛の方がおいしい!) 醤油 大さじ3  黒砂糖大さじ3 (これも砂糖でもいいけど、ラフテーだったらやっぱり黒砂糖かな)

 

作り方 ①まず鍋に豚ブロックを塊ごと、水から茹でます。この時にショウガ1かけをスライスして入れた方が、完全に臭みが消えてしあがるので、入れます。ゆっくり1時間茹で、4cmくらいの厚みに切ります。ゆで汁は捨てます。

 

     ②別の鍋に豚肉と鰹だし汁1と3/4cup、泡盛とスライスしたショウガ1かけを入れ、中火で30分煮ます。

 

     ③その後、黒砂糖を入れて20分煮ます。

     ④更に醤油の半分を入れてから強火で5分煮ます。その後弱火で1時間煮ますが、汁が煮詰まってきたら、だし汁を追加していきます。その1時間の間に残りの醤油も加えます。

 

     ⑤食べる前にお餅とチンゲンサイを入れて煮るのが、我が家風です。くたくたになったのが、おいしいです。野菜を入れると水分が出たり、煮汁が足りなくなったりするので、さらにだし汁・泡盛・黒砂糖で調整します。(泡盛を足したら、しばらく煮ます)

 

いたって作り方は簡単なんだけれどね、時間がかかるので、DVDやテレビを見ながら美味しいものができないかな~~~って時に作るといいです。あと、豚肉の塊が安い時!!

 

お肉が柔らかくって、味がしみてておいしいです。泡盛でなきゃ、この味は出ないだろうなあ。。。

 


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

まゆぷこ

>Hideさん、niceありがとう。
by まゆぷこ (2007-12-29 16:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。