So-net無料ブログ作成
検索選択
文芸の小道 ブログトップ
前の5件 | -

誕生日プレゼント [文芸の小道]

ぷっこには、珍しい関係?の先輩がいます。

 

高校時代の1つ上の先輩、J さんです。

 

高校時代は J さんとは演劇の仲間でした。うちの演劇は部ではなくって有志だったので、仲も良く、よくみんなでお弁当を作ってお花見やら遠足やら、受験勉強に関係なく遊んでいました。

 

みんなで遊んでいたので、特にJ さんとだけ親しかったわけではないのですが、なぜか 年賀状とお誕生日はお手紙を書く習慣が、卒業後から途絶えることなく

・・・・・・○○年経ちました・・・・・・。

 

 

4月は J さんの誕生日。

 

1年に一度だけ、プレゼントとカードを送ります。

 

 

あ、プレゼントといっても高校時代からの流れだから、たいしたもんじゃ、ないのよ。そのころからの延長だから!

 

今年はね、竹虎さんの竹草履と織部の向付けにしたの。

 

竹草履→http://blog.so-net.ne.jp/mayupuko-pukko/2005-12-17

織部の向付け→http://blog.so-net.ne.jp/mayupuko-pukko/2006-03-11

 

そんな間柄がずっと続いています。。。。

 

 

でも、いくつになっても、ずっと昔っから誕生日を覚えていてくれている人が存在するってだけで、ふと、心が温かくなります。

 

 

 

Jさん、お誕生日おめでとう!

もういくつになっちゃったのかなんて、すっかり忘れたよ!!

 

 


風花が舞った! [文芸の小道]

また底冷えの寒さになりました。

でも今日は風花が空に舞い、頬に感じたのは初春の寒さでした。

 

もう日が落ちた後に見られましたが、もともとは快晴の下、降ると言うほどもなく風にちらつく雪のことを風花といいます。

 もとは山から平地に吹き寄せられる風雪のことで、空っ風で有名な上州地方にて よく見られる現象であるといいます。

雪が降る時の空は晴天とは懸け離れています。青空の中、弱々しい冬の陽を 受け輝くからこそ注視され、愛される言葉になっているのではないでしょうか。 できれば青空と銀粉が対峙する景色が見られればよかったのですが。

 

 

なーーーんて書いてみましたが、「風花」を知ったのはつい数年前。はずかし!

知った後、見たい見たいと思っていて、初めて見たのが今日なのでした。

 

へーーー、これが風花か?って。

 

日本って本当に季節に敏感で、風情ある名前をつけますね。


苺の花 [文芸の小道]

 

 

   可憐な白い   その花に

 

 

   日がな一日    添っていたら

 

 

   自分も苺色に  染まれるかしら

 

 

 

 


母の誕生日 [文芸の小道]

今日は母の誕生日でした。

蛤のお吸い物とちらし寿司がお祝いの定番です。

母は自分で作りながら、自分が作るのが一番おいしい! と言っています。

年とともに身体が痛くなって不自由したり、おいしいものが噛めなくなるのがほとんどの人ですが、これといって悪いところなくおいしく食べられる母は幸せ者で、自分でもそんな意味をこめて言ったのだと思います。

今年は何をプレゼントしようかな?

昔は大事に使ってもらえる靴とかバック、マフラーなどの「物」が多かったのです。

でも、考えてみると「昔食べたアレ、おいしかったね」とオイシイ物を食べた記憶は一生の思い出になっているなと気づき、最近は「お食事」をプレゼントすることにしました。

「物の記憶」より「食べた記憶」が勝るかな?

明日、数年前から食べたい食べたいと言っていた河豚を食べに、連れて行ってあげようと思います。

どうせ記憶に残るなら、一番すごい河豚を食べた記憶にしたいと、ぷっこの財布には不釣り合いな店にすることにしました。

明日は平常心をなくして食べたいです。


感涙 [文芸の小道]

江原啓之さんと大奥スペシャル、続けて見てました。

人って死してから、結論がでるものですね。あの人はああだった、と。

人を許せるか、相手の気持ちを酌めるか、他人を守ろうとしたか、そんな心の内面が最後の最後に残る気がします。

一番簡単で、一番難しいのは、他人に対しての言葉のかけ方でしょうか?言霊です。一時のヒステリーで一生の誤解になります。

どんな人生を演じていても、傷は負い、苦しみがあり、葛藤の中で人は生きます。自分の人生より、他の人生をうらやむ必要はありません。

ただ自分の生を、清くまっとうすれば良いのです。

他の人の感情に同調して涙が出ることを、感涙というそうです。私はよく波長が合う質か、よく感涙してしまいます。お陰で今日は沢山の経験をしました。

最後に、江原さんって・・・・、恵比寿様みたいですよね、笑顔が。

して後ろ姿は・・・・こんな感じ?

似ていませんか?

ハハハ♪ママの毛毛(まおまお)です。こぱんだもよろしくね

http://blog.so-net.ne.jp/tonarino-kopanda/


前の5件 | - 文芸の小道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。